ガクトもハマった!ポーカーとは

日本では多くのポーカープレイヤーがいますが、その中でも圧倒的に知名度が高い人物がガクトです。ガクトというとミュージシャンのイメージが強いですが、実はガクトはギャンブラーとしての顔も持ち合わせており、大のポーカー好きとして知られているのです。

ガクトがハマるポーカーとは?

ポーカーとは2~6人のプレイヤーでプレイするトランプゲームです。ポーカーでは

ジョーカーを除く52枚のカードを利用して、より強いポーカー・ハンド(役)をつくったプレイヤーが勝利となります。

ポーカーではゲームが始まると、親がよく切ったカードを左側の人から順に1枚ずつ伏せて、手持ちが5枚ずつになるように配っていきます。そして、プレイヤーは配られた手札を見て、親の左側の人から「ビッド」または「パス」を順に宣言していきます。そして、複数のターンをプレイした後に、一番強いハンドを持っているプレイヤーが勝ちとなります。

ポーカーでは運だけではなく、他のプレイヤーとの駆け引きが重要となります。そのため、心理戦として、多くのギャンブラーから人気を集めているのです。

世界のポーカーイベントとガクトの成績

ポーカーは世界で人気を集めているカジノゲームであるため、毎年多くのイベントが開催されています。ポーカーの有名イベントとしては以下が挙げられます。

・ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)

・ヨーロピアンポーカーツアー(EPT)

・オージーミリオン(Aussie millions)

・ワールドポーカーツアー(WPT)

・アジアパシフィックポーカーツアー(APPT)

・アジアポーカーツアー(APT)

そして、ガクトはこれらのイベントに多く参加し、好成績を残しています。

新型コロナウィルスの影響で多くのトーナメントがオンラインに移行することとなった2020年。オンカジ業界では、ボーナス購入機能付きやパチスロ系スロットなど、日本ウケの多いユニークなスロットが増えてきた頃ですね。

ガクトは2020年11月にオンラインカジノ「GGPoker」で開催された「Battle of Malta」に参加しました。ガクトは、参加費3150ドル(約32万5500円)のハイローラーイベントに参戦し、結果はなんと40人中1位。優勝賞金4万2235ドル(約436万円)を獲得しました。

ハイローラーイベントには世界各国からトップレベルのプレイヤーが集まります。そのようなイベントで優勝したことを踏まえると、ガクトの実力は本物だと言えます。

ガクトのこれまでのポーカーの成績:

APT2017 1月(300人規模)・・・7位

APT2017 3月(300人規模)・・・5位

WSOPサイドイベント2017年4月(4300人規模)・・・133位(日本人最高位)

世界で開催されるポーカートーナメントの結果を集計したデータベース「The Hendon Mob」によると、ガクトの生涯獲得賞金は15万4977ドルだとされています。この金額からも、ガクトのポーカーの実力がかなりのものだと判断する事ができます。

ポーカーに必要な資質とガクトがポーカーで強い理由

心理戦であるポーカーで勝つためには、論理的思考力、頭の回転の速さ、慎重さなどが求められます。普段から冷静でポーカーフェイスを保っているガクトはこのようなポーカーに必要な資質を備えており、ポーカーに向いていると言えるでしょう。特に感情のコントロールについては本人も自信があるようで、相手にハンドが読まれにくいとのこと。そのため、ブラフが成功することも多く、自分の予想通りにゲームを持っていく事ができているようです。

ガクトはどれをプレイ?ポーカーの種類

ポーカーは世界中で人気のゲームであるため、たくさんのバリエーションがあります。ここでは世界で人気を集めているポーカーの種類を紹介します。

テキサスホールデム

テキサスホールデムは、2枚のホールカードと5枚のコミュニティカードを使用してプレイするゲームで、最も人気のゲームの1つです。

テキサスホールデムでは、4回のベッティングラウンドをプレイします。

オマハ

オマハとは4枚のホールカードでプレイするポーカーゲームです。テキサスホールデムと同じように、5枚のコミュニティーカードを使用するのが特徴であり、4回のベッティングラウンドをプレイします。

セブンカードスタッド

セブンカードスタッドでは、プレイヤーに最初に3枚のカードが配られます。そして、いくつかのラウンドをプレイした後に、さらに各プレイヤーに4枚のカードが配られます。

セブンカードスタッドには5回のベッティングラウンドがあり、最後に最も強い5枚のポーカーハンドを持っているプレイヤーが勝利となります。

ファイブカードドロー

ファイブカードドローでは、自分のカードをディーラーと交換することができるのが特徴です。そして、各プレイヤーに配られた5枚のカードで、一番強いハンドを作ることを目指します。

ファイブカードドローはとてもシンプルなポーカーなので、初心者でもプレイしやすいと言えます。

ラズ

ラズは通常のポーカーとルールは同じです。しかし、ラズでは、一番弱いハンドを揃えた人が勝利となります。

簡単なルールで初心者の方でも始めやすいCaribbean Poker(カリビアンポーカー)はモンカジでもお楽しみいただけますよ!

ガクトがポーカーを始めたきっかけ

ガクトといえば、数々のヒット曲をリリースした日本でも大人気のミュージシャンです。そんなガクトがギャンブルの世界に入り込んだのはなんと10代の頃。これはミュージシャンとしてデビューする前まで遡ります。

ガクトがポーカーと出会ったのは18歳の頃。ガクトはデビューする前に水商売やカジノディラーなどのアルバイトをしていたことをきっかけに、ポーカーを知りました。

しかし、その後すぐに音楽活動のために東京に引っ越してしまったため、その頃はポーカーのルールを学ぶことはありませんでした。

そして、ガクトは大学の在学中にアミューズメントカジノでバカラのディーラーをしていたと言われています。その時、ディーラーとしてはすでにトップに昇りつめており、ギャンブラーとしての素質があったと言われています。

そんなガクトはしばらくは音楽活動に専念していたわけですが、2010年後半から突然、マカオやマニラのカジノで開かれるポーカートーナメントに現れるようになりました。

そして、次々と好成績を収めたことで、ギャンブル業界で一躍注目を集めるようになっていったのです。さらには、2018年にはAbemaTVでポーカー番組を立ち上げるなど、活躍の幅を広げています。

そんなガクトは、2020年の週刊新潮WEB取材班によるインタビューでポーカーについて以下のように語っています。

「このゲームに魅了され、戦術本などを何冊も読み、真剣に挑んできました。目的は、おカネなんかじゃない。僕はポーカーを博打ではなく、競技として捉えているんです。最近、日本人のプレイヤーたちとも交流を始め、陽の当たらないところで努力を重ねている人たちがいることも知りました。僕は彼らのためにも、ここで結果を残し、日本のポーカー界を底上げしたいと思っているんです」

今後日本ではランドカジノが建設される予定です。そうしたら、ガクトが先駆者となって、ポーカーの魅力を広めてくれるかもしれません。

モンカジマスコット
  • モンカジについて
  • 利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 責任あるプレイ
  • 決済方法
  • クッキーポリシー
  • アフィリエイト・プログラム

安全性および証明書

VisaMasterCardJCBVega WalletMiFinityJ-PayBTC-Pay-JPLitecoinEthereumRippleBank to Bank

Monkaji.comは、会社登録番号150738、登録住所 FranscheBloemweg4,Curacaoキュラソーに設立されたTekzia B.V.によって運営されております。 Tekzia B.V.はライセンス番号8048/JAZの元、AntillephoneServicesN.V.によって認可及び規制されています。

Monkaji.comは、TekziaB.V.の商標です。責任ある適度なプレイを推奨します。