ガイド ブラックジャック バナー

ブラックジャックのルール

ブラックジャック ルールは意外とシンプルです。ブラックジャックでは、ジョーカーを除く52枚のトランプを使用しますが、オンラインカジノでは2セット~5セット使用するマルチハンドと呼ばれるタイプのオンライン・ブラックジャックもプレイされ、配られたトランプ(カード)の合計点数を21点、もしくは21点により近づけると勝ちとなるのがブラックジャック の ルール です。

勝負はディーラーとプレイヤーにより行われ、ディーラーよりも持ち手のカードの合計点数を21に近づければ、プレイヤー、そうあなたの勝利です。ヒット・スタンド・ダブルダウン・スプリットの中から最適な選択をすることにより、なんと99%以上の高還元率で勝負できるのも、ブラックジャックの魅力ですね。

ブラックジャック でのカードの数え方 ルール

ガイド ブラックジャック 数え方 ルール

ブラックジャックのルールでは、カードの数え方は少し変わっています。

  • 10、ジャック(J)、クイーン(Q)、キング(K)の絵札カード:全て「10」として数えられます
  • エース(A)以外の2、3、4、5、6、7、8、9のカード:数字通り数えられます
  • エース(A):1としても11としても数えられ、プレイヤー自身にとって有利になるようにどちらか好きな方にカウントすることができます

ブラックジャック 勝敗の決定 ルール

ブラックジャックの勝敗の決定ルールは非常に簡単で、配られたカードの合計点数が21点を越さないように、より21点に近付けた方が勝ちです。プレイヤーとしてのブラックジャックをプレイする目的はディーラーに勝利することなので、ディーラーの持ち手よりも21点に近近い場合、プレイヤーは勝利金をもらえます。21点を超えてしまった場合をバーストと呼び、これは負けが確定となります。ディーラーとプレイヤー両方ともバーストしてしまった場合は、ディーラーの勝利というルールになっています。

ディーラーに勝利することにより賭け金にそれぞれ配当が付き、ディーラーとプレイヤーのハンドが同じ点数だった場合は引き分けとなり賭け金が払い戻しされ、ディーラーに負けてしまうと、賭けた金額を全て失う、ということになります。もしディーラーの持ち手のカード合計が21以上になった場合は自動的にディーラーが負けとなり、プレイヤー全員が勝利となります。

持ち手のカードの合計点数が21でブラックジャックとなりますが、カードが最初に配られた時点で、プレイヤーが2枚のうち1枚が10・J・Q・Kのうちのどれかで、もう1枚がエース(A)という組み合わせで21を出すとナチュラル21またはナチュラルブラックジャックと呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベット額の2.5倍の勝利金(配当分はベット額の1.5倍)を獲得できます。プレイヤーが3枚以上のカードで21(ブラックジャック)を出すことは、2枚のカードで21(ブラックジャック)を出すよりも弱くなります。

よって3枚以上で21(ブラックジャック)となっても、ディーラーが同ラウンドで2枚のカードで21(ブラックジャック)を出した場合は、ディーラーの勝利となりプレイヤーは負けという結果になります。ブラックジャックではなく、持ち手の合計点数がディーラーよりも21に近い勝利の場合、配当は賭け金額の1倍となります。 

ガイド ブラックジャック ルール

プレイヤー限定ブラックジャック ルール

ブラックジャックのルールとしてプレイヤーによって行われるのが、ヒット、スタンド、ダブルダウン・スプリットとなります。

  • ヒット:持ち手のカード(ハンド)に更にもう1枚カードを追加すること
  • スタンド:カードの追加をストップして現在の持ち手のカード(ハンド)のみで勝負をすること
  • ダブルダウン:賭けた金額をさらに倍にして3枚目のカードを追加すること(※ダブルダウンをするとそれ以上カードを引くことができません)
  • スプリット:最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合に持ち手のカード(ハンド)を2つに分割し、それぞれのハンドに対してカードを追加すること(※分割した2つ目のハンドにも同額の賭け金がさらに必要です)

ディーラー限定ブラックジャック ルール

ディーラーにだけ与えられたブラックジャック ルール は、ディーラーは自分の持ち手となるカードの合計点数が17以上になるまで必ずヒットし続けなければいけません。合計点数が17以上になった後は、今度は必ずスタンドし続けなければいけません。さらにディーラーに配られた最初の2枚のカードのうち1枚は、アップカード(表向きカード)としてプレイヤー全員に必ず見せなければいけません。

サレンダーとは

最初に配られた2枚のカードですでにプレイヤーが自ら負けを認めることをサレンダーと言い、この場合にはそのラウンドの賭け金の半額分が払い戻しされます。

インシュランスとは

ディーラーに配られたカードの1枚目の表向きのカードがエース(A)だった場合はディーラーがブラックジャックになるかどうかに対して、最初の賭け金の半額分で賭けをすることをインシュランスと言い、それがまさに的中するとインシュランスに賭けた額の2倍の配当を獲得できます。

ディーラーがブラックジャックの場合は、プレイヤーもブラックジャックではない限り全て負けというルールになっていますが、インシュランスをしていた場合、最初の賭け金は没収されますが、インシュランスの分の配当を獲得することができます。インシュランスをしてディーラーがブラックジャックという結果にならなかった場合は、インシュランスの賭け金分は没収となります。元々の勝負に負け、さらにインシュランスも的中しなかったという場合、両方に賭けた金額全てが没収されます。

ここに書いてあるルール以外にもブラックジャックには様々なルールや遊び方があります。ランドカジノとオンラインカジノによって異なることもあれば、ローカルルールなどといったものも存在するようです。ブラックジャック はディーラーと対戦するゲームですが、ディーラーは ルール に従い動いているだけなので、各ディーラーに強い弱いというものはありません。ディーラー自身でディーラーの行動を決められないのが ブラックジャック の ルール です。

ブラックジャック 攻略法

ブラックジャックは、常に多くのギャンブラーたちから大人気のゲームであり、たくさんの研究をし尽くされてきました。ブラックジャックは運の要素が強そうに感じる方が多いと思いますが、ブラックジャック 攻略 法はたくさんあり、確率通りに適切な判断を下すことができれば、勝率アップは間違いないと言われています。

ブラックジャックは、数ある他のカジノゲームに比べても勝ちやすいゲームと言われています。それはブラックジャックが、カジノゲームの中でも断トツで還元率(ペイアウト率)が高いからです。還元率は、プレイヤーが賭けた金額のうち、プレイヤーに還元される割合のことを言いますが、高ければ高いほど、勝ちやすいということになります。

ブラックジャックの攻略方法は、テーブルに出たカードをメモし、シュー(ディーラーがカードを引くデッキ)に残っているカードを予測する カウンティング やプレイヤーの持ち手の合計数字とディーラーの表向きになっているカード(アップカード)から、ヒット、スタンド、ダブルダウンやスプリットのどの選択が最も勝率が高いかを3つのタイプの表でまとめた、いわゆるブラックジャックのカンペのような ベーシックストラテジー といった基本的な 攻略 法からその他様々な種類の攻略法があります。 

ブラックジャック 攻略 その1:ベーシックストラテジー

ブラックジャックでのベーシックストラテジーは、その名の通り基本戦略であり、ブラックジャックをプレイする時にどのような方針そして賭け方でプレイするかを表にしたもの(ストラテジーチャート)を使って進めていきます。ストラテジーチャートには、最初に配られる2枚のカードの合計とディーラーのアップカード(表向きになっているカード)に応じて、ヒット・スタンド・ダブルダウン・サレンダー・スプリットのうち、どちらを選択するか記されています。

< ストラテジーチャートにあるローマ字の意味 >

H=ヒット(カードを1枚引く)

S=スタンド(カードを引かず現状のカードのみで勝負)

D=ダブルダウン(賭け金額を倍にしてカードを1枚引く)

R=サレンダー(賭け金額の半分を払ってゲームを止める)

P=スプリット(配られたカード2枚が同じカードだった場合、2つに分割してゲームを行う)

ストラテジーチャートにある縦列はプレイヤーのカード、横列はディーラーのカードとして確認し、その2つが交わる部分を選択していきます。

ベーシックストラテジーで使用されるストラテジーチャートには主に、

・ハードハンド:Aがない場合

・ソフトハンド:Aがある場合

・スプリット:最初に配られた2枚のカードが同じカードの場合

という全部で3種類があり、プレイヤーが最初に配られたカードによりチャートが異なっていきます。状況に応じて使用するストラテジーチャートを変更するほうが、高い効果を得られると言われています。

ガイド ブラックジャック ルール ゲーム

ブラックジャック 攻略 その2:カードカウンティング

カウンティングとは、その名の通りカードをカウントしていく方法で、確率や統計を用いています。テーブル上に出たすべてのカードをきちんと1枚ずつ記憶していき、今後出てくるであろうカードを予測していく方法です。要は、テーブルに出てきたカードすべてを記憶し、シューに残っているカードを予測することで、その後に配られるカードを予測するというものです。

デック数にもよりますが、テーブル上に出たカードをすべて記憶し続けることができれば、これから配られるカードは予測できるということになります。ブラックジャックでは2~9のカードはそのまま表記されている数字でカウントしますが、10・J・Q・Kは10としてカウントし、Aについては1もしくは11としてカウントすることができるため、10とカウントされるカードが多いことがわかります。ブラックジャックは合計で21になるようにするゲームでもあるのでAと10とカウントされるカードがとても重要になってきます。

約30%の確率で10としてカウントされるカードが出てくるので、バーストを避けながら21を狙うにはこれらのカードがとても重要となっていきます。10が多いとプレイヤーにとっては有利ですが、ディーラーにとっては不利となります。というのも、ブラックジャックの基本ルールとして、ディーラーは持ち手のカードの合計が16以下の時は必ずカードを引かなければなりません。そのため、シューに残っている10としてカウントされるカードが多い場合、ディーラーはバーストしやすい、ということになります。シューに10としてカウントされるカードが多く残っている場合、プレイヤーには有利に働くようになります。というのも、合計で21が出るチャンスが増えるのです。

あくまで確率ではありますが、ディーラーの条件として16以下の場合必ずカードを引かなければならないということがある以上、ディーラーがバーストしやすい状況というのは、もちろんプレイヤーにとって有利です。テーブル上に出てくるすべてのカードを記憶しようとするのはかなり大変なので、プレイヤーにとって有利な状況か不利な状況かを簡単に判断できるように、カードをグループ分けするのがカウンティングとなります。

デック数によってカウントをスタートする数字や、積極的にゲームを進めるカウントであるキーカウントの数字は異なります。

1デックの場合:スタートカウントは0、キーカウントは2

2デックの場合:スタートカウントは-4、キーカウントは0

4デックの場合:スタートカウントは-12、キーカウントは-2

6デックの場合:スタートカウントは-20、キーカウントは-4

8デックの場合:スタートカウントは-28、キーカウントは-6

ブラックジャック 攻略 その3:マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負ける度に直前のゲームの賭け金額を2倍にし、その2倍にした金額で次のゲームにベットしていくというものです。勝った時は、また最初の賭け金額に戻して負けたら賭け金額を2倍にし・・・と続けていきます。マーチンゲール法は、負ける度に賭け金額を2倍にしていく必勝法なので、負けが続くほど賭け金が増えていきます。各ブラックジャックのテーブルには1ベットあたりの最高賭け可能金額が決まっているので、必ず勝つまで行えるという保証がありません。

最高賭け可能額が200ドルでの場合、例えば8ゲーム目の賭け金が128ドルだとすると、9ゲーム目では2倍にした256ドルを賭けなければ、負け額を全て取り戻すことは不可能ですが、必然的に賭けることができなくなります。よって、テーブルの1回あたりの賭け金額の上限を考慮することが必要となります。

この代表的な3つの方法以外にも、

・グランマーチンゲール法

・ココモ法

・2in1法

・オスカーズグラインド法

・パーレー法(逆マーチンゲール法)

・グランパーレー法

・モンテカルロ法

・チャンピオンゲーム法

・ハーフストップ法

・グッドマン法(1235法)

・バーネット法(1326法)

・キャンセレーション法

・10%法(テンパーセント法)

・10ユニット法

・ピラミッド法(ダランベール法)

・逆ダランベール法

・ラブシェール法

・イーストコーストプログレッション法

・31システム投資法

などなど・・・挙げればキリがないほどの方法があるようですね。

ブラックジャック トランプ を使った人気ゲーム

ブラックジャック は トランプ を使ってプレイを楽しむカジノゲームです。使用するのはジョーカーを除く52枚のトランプで、配られたトランプの合計点数を21点( ブラックジャック )もしくは21点により近い合計点数が勝利となる実にシンプルなカジノゲームです。勝負はディーラーとプレイヤーで行われ、ディーラーよりも21に近いとプレイヤーの勝利ということになります。ブラックジャックは基本トランプ52枚(1セット)を使ってプレイされますが、オンラインカジノでは2セットから5セットを使用するマルチハンドと呼ばれるタイプのブラックジャックもプレイされます。

ブラックジャック の トランプ カードの数え方は、10と絵札のカード(ジャック・クイーン・キング)はすべて「10」としてカウントされ、エース(A)は1としても11としても自分の好きなようにカウントすることができ、エース(A)を除くその他のカード(2・3・4・5・6・7・8・9)はそのトランプに表示されている数字の通りカウントされます

。プレイヤーとしてのブラックジャックの目的は、ディーラーに勝つことです。ディーラーに勝つことにより、勝利金を獲得できます。とにかくディーラーよりも21に近いハンドを作り上げることが、勝利へ導いてくれます。ブラックジャックには引き分けがあり、その場合には賭けた金額がそのまま払い戻しされます。日本人に馴染みのあるトランプを使ったブラックジャックで、一攫千金を狙ってみませんか?!

Guide - Gif Banner

ブラックジャック ゲームで楽しみながら勝利金ゲット!

ゲーム が好きな人じゃなくても、ブラックジャック は世界中でよく知られている ゲーム のひとつですね。数多くある ゲーム の中でも、特にギャンブルを好む方から絶大な人気を誇るのゲームといえば、ブラックジャック。テーブルゲームであれば、無料ゲームとしてもお楽しみいただけるブラックジャックですが、本場さながらの臨場感あふれるライブカジノのブラックジャックでリアルマネー(現金)を賭けて大勝負するのはいかがでしょうか?

ブラックジャック ゲーム の流れは、まずプレイしたいブラックジャックのテーブル選びからです。各テーブルには「マックス(最大)ベット」と「ミニマム(最小)ベット」があり、特にこれといった特殊なルールを持つブラックジャックをプレイしない限りは、この最大そして最小賭け金額で選んでみるといいかもしれません。テーブルが決まってゲームの読み込みが完了したら、まずゲームを開始する前にそのラウンドに賭ける金額をテーブルにベットを決定します。ゲームが開始しカードが2枚配られます。この時ディーラーの1枚目のカードはアップカードとしてプレイヤーに見えるように表向きにカードがプレイヤーに見えるように配られます。ヒット・スタンド・ダブルダウン・スプリットといったプレイヤーのアクションが終わると、次にディーラーがアクションを開始します。

ブラックジャック ゲームでは、ディーラーの持ち手のカードが合計16以下の場合、ディーラーは必ずヒットをし続け、17以上の場合は必ずスタンドするというのがルールです。ディーラーがスタンドをした時点で全てのカードが開かれ、勝負決定。プレイヤーの持ち手の合計点数がディーラーよりも21に近いウィニングハンドを持っていると勝利です。

ディーラーの持ち手カードの合計点数が21以上になった場合は、自動的にディーラーが負けとなりそのテーブルにいるプレイヤー全員が勝利となり配当金が配られます。ブラックジャックは、有料ゲームの中でも還元率(ペイアウト率)が高く、サイドベットやパーフェクトペアベット、21+3ベットなどを含めると平均でなんと99%!数ある攻略法を駆使して、大きな勝利金を狙うこともできます!

モンカジマスコット
  • モンカジについて
  • 利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 責任あるプレイ
  • 決済方法
  • クッキーポリシー
  • アフィリエイト・プログラム

安全性および証明書

VisaMasterCardJCBVega WalletMiFinityJ-PayBTC-Pay-JPLitecoinEthereumRippleBank to Bank

Monkaji.comは、会社登録番号150738、登録住所 FranscheBloemweg4,Curacaoキュラソーに設立されたTekzia B.V.によって運営されております。 Tekzia B.V.はライセンス番号8048/JAZの元、AntillephoneServicesN.V.によって認可及び規制されています。

Monkaji.comは、TekziaB.V.の商標です。責任ある適度なプレイを推奨します。